万年筆カクノには絶対コンバーターを!【色彩雫飲ませてみた!】

こんにちは!ライスです。

ねこ美

万年筆のカクノを買ったんですけど、コンバーターってどうなの?
コンバーターの魅力と使い方が知りたいです。
あと、コンバーターで入れるインクでおすすめの色が知りたいな。

この記事でわかること
  • コンバーターをつけるのをおすすめの理由
  • コンバーターの使い方
  • コンバーターで入れるインクのおすすめ
ライス

万年筆を始めて使ったときのあの味わい深い色合いを求めて…!
私がコンバーターデビューしたときの話をしていきます!

万年筆カクノには絶対コンバーターを!

万年筆カクノには黒のインクカートリッジがついてきますが、万年筆を楽しむのであれば、絶対コンバーターを買いましょう!

万年筆の醍醐味はインクを自分で吸引することだからです。

この感覚はボールペンやマジックペンでは絶対味わうことができないので、万年筆の大きな魅力の一つなんです。

「初心者におすすめ!カクノで万年筆デビュー!」で万年筆デビューしてから1週間…。

ライス

標準装備の黒カートリッジのインクを使いきりました!

そして、注文していたインク、
PILOTの色彩雫【月夜】と回転式コンバーターcon-40が届きました!

それではカクノにコンバーターを装着する手順をご覧ください。

カクノにコンバーターでインクを入れる方法

万年筆で別の色のインクを使うときには、しっかり水洗いしてからが鉄則!

ライス

色混ざっちゃうから必ず洗って乾かしてから別の色を入れましょう!

洗い方

まずは、カートリッジを外します。

そして、水道の水を軸の方からジャー。
中に残っていたインクがサーッと流れてきます。

ある程度流れたら、コップの水に入れます。(私はペットボトルをカットして使いましたが)

ペン先がコップの底にぶつかり、痛まないように気をつけて沈めましょう。

何回かコップの水を入れかえて、インクがなくなるまで続けます。

その後は、キレイな布等で水気を拭き取ります。

あまりしっかり拭き取ろうとすると、布等の繊維が付着してしまうので、ふわっと包み込むくらいでいいです。

キレイになった!と思っても、ペン先を布等でちょんちょんすると、インクが出てくることもあります。

ライス

前のインクと混ざらないように、妥協せずに洗浄しましょう。

乾かす

外側の水滴は布等である程度拭き取れますが、肝心の中身に水が残っていると、インクと混じってしまいます。

時間をかけて自然乾燥させましょう。

ライス

この待ち時間がすごく苦痛だった…。早くインク入れたい…!

慌てずじっくり待ちましょう。待っている時間も万年筆の醍醐味!

コンバーターcon-40装着

しっかり乾かした後は、コンバーターを装着します。

kakuno(カクノ)で推奨しているコンバーターは、『con-40』です。

回転して吸い上げるタイプのコンバーター。

中に小さい玉が入ってます。

ちなみに、大型のコンバーター『con-70』も一部のカクノシリーズには対応しているとのこと。(推奨はしていないので、購入と使用は自己責任でお願いします!)

ライス

私が持っているカクノに対応するかどうか心配だったので、今回はcon-40を購入しました。

回転して吸い上げる

コンバーターをセットしたら、ペン先をインクにつっこみます。

ペン先がどっぷり浸かるくらい入れましょう!(最初おそるおそるペン先をインクに入れたので、吸引したときに空気も一緒に入ったのか、あまりインクが入りませんでした。)

そして、コンバーターのおしりをクルクル回すと…

インク吸引完了!

拭き取る

ペン先についていた余計なインクを布やティッシュで拭きとりましょう。

ペン先に繊維がつくと、書くのに支障が出るので、気をつけて!

カクノの顔、びしょびしょだったのがキレイさっぱり!

ライス

これで完成!!

初めてのインクは色彩雫【月夜】がおすすめ!

カラーインクを初めて買う人におすすめのインクは、PILOT『iroshizuku-色彩雫(いろしずく)』シリーズの『tsuki-yo【月夜】』です!

PILOTの人気の万年筆インク『iroshizuku-色彩雫(いろしずく)』は現在24種類のカラーバリエーションで販売しています。

その中でも人気の色である、『tsuki-yo【月夜】』は、ブルーブラックで落ち着きがあり、暖かみがある色です。

色彩雫のブルーブラック系には、他に『深海』という色もあります。

月夜は、黄や緑の要素が入ってる感じですが、深海は、灰色の要素が入っているようです。

そして、箱や瓶がおしゃれ!高級な香水のよう

ライス

高級感があって、机に置いておくとテンション上がる!

重ね書きすると、しっかり紺色ですが、薄く書いた所は、青緑っぽい色合い。

色ムラがまた味わい深い!

まさに月夜。

とてもしっくりくる、お見事なネーミングです。

ライス

夜のお散歩で月を見上げて物想いにふける。情緒を感じます。

今回購入したのは50mlの瓶に入った物で、量が多いので、初心者で使いこなせるか少し不安でした。

けど、とてもいい色だし、どんな場面でも使えると思います。

私は普通のブラックの代わりとしてガシガシ使ってやろうと思います!

ちなみに、色彩雫は小容量15mlの小瓶3種類セットでも販売しています。(小瓶は1本では販売していません…)

いろんな色を試したい人はそちらもオススメです。

まとめ:カクノを買うならコンバーターも絶対買うべし!

カクノでコンバーターまとめ

 

  • コンバーターでインクを入れるのは万年筆の醍醐味!
  • コンバーターの装着は丁寧に心を込めて!
  • 初めてのインクは色彩雫の月夜がド定番でおすすめ!

万年筆とコンバーターは絶対セットで買うべし!コンバーターがないと万年筆の魅力が半減しますよ!

文房具を使ってて、ワクワクすることって、とても大切だと思うんです。

それだけで仕事をすることが楽しくなる!楽しく仕事をしよう!

カクノとコンバーターでワクワクの万年筆ライフを送ってみませんか?

ライス

素晴らしい万年筆ライフを!!

この記事で紹介した文具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です