ライスのプロフィール

こんにちは。このブログの運営者のライスと申します。

現在は教師という立場でいながら月平均5万PVのブログを運営しています。
そしてブログだけで月1万円程度のおこづかいを稼ぐことに成功し、少しずつ生き方が変わりつつあります。

名前ライス
属性3児のパパ、高校教師ブロガー
仕事高校教師。教科は数学。
趣味ゲーム バンド
年齢30代
家族妻と三姉妹。

twitterで記事更新の情報も発信していますので、よかったらフォローしてください(^^)

⇒twitterのフォローはこちらから

夢だった教師になる

私が教師になったきっかけは、小学生のとき、数学の先生に言われた一言。

「ライスは数学が得意なんだから数学の先生になるのはどうだ?」

当時金八先生が放送されていて、(第5シーズン)夢中になって見ていたので、猛烈に興味が湧く。

その後何の疑問も持たずに「ぼくは数学の教師になる!」と、それしか考えていませんでした。

そして月日は流れ、関東の大学進学→そのまま関東の私立高校に就職。夢の数学教師になることができました。

甘くなかった教師という職業

夢を叶え教師になったはいいが、平日の激務&休日の部活動で自由な時間が無い。

定時で上がれば生徒や保護者、上司や同僚からやる気が無いと言われてしまう。

そりゃあそうです。教師というのは奉仕の精神をもって未来ある子どもたちを育てる仕事。

生徒のために遅くまで仕事をし、文句も言わず部活動で子どもたちと一緒に汗水流している先生が尊敬される。そんな自己犠牲を正義とする職業なのです。

この時から少しずつ疑問が湧いてきました。

「生きるために働いているのか働くために生きているのか?」と。

子育てのため実家のある田舎に戻る

2013年に長女が生まれました。これをきっかけに子育ての環境を整えるため田舎の実家に引っ越すことを決意。(わりと勢いです。ついて来てくれた妻には一生頭が上がりません。)

縁があったのか、すんなり再就職の職場を見つけることができました。今現在働いている学校です。

自分と同世代の同僚が多く、とても働きやすい環境で恵まれているなと感じました。

しかし、それと同時に、上司に古い考えを押しつけられ絶望します。

1日休みをもらいに行ったときに「丸1日休まなきゃならないのか」と言われ、長々と武勇伝を語られました。
男は仕事を第一にすべきだ。家庭は母親が守るべきだ。など1時間にわたり説教されたこともあります。

こんな古臭い価値観を押し付けられなきゃいけないのか?

家族と一緒に過ごす時間や自分の楽しみを犠牲にしながらも定年まで必死に働く意味があるのか?

定年後、働き疲れて遊べなくなってからで自分が求めていた自由が手に入っているのだろうか?

教師をこのまま続けていても現状は何も変わらない。

そう思いました。

2018年7月にブログを始めた

今の現状をどうにかしたい。子どもたちに不自由なく幸せに暮らしてほしい。

そんな思いで、思い切って妻とともにブログを始めました。

新しいことを始めることはとても楽しく、色々な考え方に触れ、価値観が180°変わりました。

小学生だったころから30歳になるまで「教師」しか見えていなかった私が、生き方を考えるようになりました。

今の目標は、「普通の教師が家族と一緒に過ごす自由な時間を手に入れるためブログで月30万稼ぐ」です。

40歳までにブログで稼ぐ力を身につけ、ゆるく働きつつ自由に生きる。家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいのです。

そして将来は学生に学校で教えてくれないこと(生き方・お金のこと・稼ぎ方)を教える事業を立ち上げて、私がこれから経験していくであろう本当に大切なことを伝えていきたいと考えています。

⇒twitterのフォローはこちらから

はじめての方におすすめの記事はこちら

最後まで読んでくださりありがとうございます。

このブログでは

  • 教師の話
  • パパの話
  • 文房具の話
  • ゲームの話

これらのことを中心に私が書きたいことを書いています。はじめての方は以下の記事がおすすめなので、ぜひ見てくださいね。

オンライン塾4社を徹底比較!高校教師歴9年のおすすめはコレ!オンライン塾4社を徹底比較!高校教師歴9年のおすすめはコレ! Amazonベビーレジストリでお得な特典をゲット!必ず登録すべき3つの理由Amazonベビーレジストリでお得な特典をゲット!必ず登録すべき3つの理由 【2019年】教師の私が今年使い倒したおすすめ文房具【厳選8選】 顕現 武器との巡り逢い【アナデン】顕現武器との巡り逢い攻略!【10月メリナとロキド追加!】

twitterで記事更新の情報も発信していますので、よかったらフォローしてください(^^)

⇒twitterのフォローはこちらから