Googleアナリティクス初心者のためのはじめての分析【練習問題】

こんにちは、ライスです。

「Googleアナリティクスって、ブロガーはみんな使ってるけど、なんだか難しそう…。」

そう考えていた私は、

ライス

分析は後回しでとにかく記事!

そう言い訳をし、自分のブログの分析から逃げていました。

しかし自分のブログを成長させるためにも、分析は避けては通れないものと感じました。

今回の記事では、Googleアナリティクスで初めて分析する私が行った、分析の第一歩を紹介します。

この記事を見ると、たった3つの情報だけで、アナリティクス初心者の方でも簡単な分析ができるようになりますよ!

まずはこちらをご覧ください。

— ライス@3年ブロ組ライス先生 (@rice_papat) 2018年10月10日

ツイッターを使って、ある日の私のアナリティクスのデータを元に問題を作り、みんなで分析をしようという企画を行いました。

分かっている情報は

・ユーザー
・セッション
・ページビュー数

の3つのみ。はたして、これだけで何か分かるのでしょうか。

 

アナリティクスの数字が表す事実

事実をまとめてみると、

①ユーザーよりセッションが多い
②ページビューがユーザーよりかなり多い
③トップページが記事に比べてかなり多く見られている

ということがわかります。

ちなみに各用語の意味は、このとおりです。

ユーザーよりセッションが多い

①「ユーザーよりセッションが多い」についてです。

セッションはサイトに来てから帰るまでの一連の流れのことです。
そして、セッションが切れる一番の原因は、「セッションの持続時間が切れる」こと。

セッションの持続時間は30分。
30分操作を行わないとセッションが切れます。

例題の場合、のべ5回「30分の放置」があったのでしょう。

ページを開きっぱなしで何か作業でもしたのでしょうか。

ページビューがユーザーよりかなり多い

②「ページビューがユーザーよりかなり多い」についてです。

ページビュー数(PV数)は、ユーザーがページを見れば見るだけ増えます。

つまり、5記事読まれれば、PV数は5増えるということです。

PV数がユーザーに比べ極端に多いということから推測されるのは、1人のユーザーが、「何記事も読んだ」ということです。

熱心に見てくれるファンがいるんでしょうか。(期待)

トップページが記事に比べてかなり多く見られている

③「トップページが記事に比べてかなり多く見られている」についてですが、②で考察した、極端に多かったPV数の内訳についてです。

その内容は、見られているページは「トップページがほとんど」ということ。

何回も見られるほどトップページに魅力があったのでしょうか?

それとも、トップページを何度も見ざるを得ない理由があったのでしょうか?

いずれにせよ、「トップページから離脱して、記事が見られていないということは、タイトルやアイキャッチ、サイドバーなどを魅了的にし、記事を読んでもらいやすく工夫する必要がある」ということになります。

これが今回の考察で一番学びになったこと。

 

核心にせまる事実

ここで核心に迫る考察が…!

実はこの日、かるぼんさんが、千本ノックという企画で、私の記事をものすごーーーく丁寧にチェックし、評価してくれていました。

その影響がモロに出ていた結果だと考えられます。

かるぼんさん本人もこのことに気が付きました。さすが!

 

まとめ

Googleアナリティクスを使って、初めて分析・考察をしてみました。

ユーザー、セッション、ページビューの3つわかるだけでも、これだけの事がわかりました。

「分析って難しいそう…」
「数字見ても何が何だかわからない!」

という人も、このくらいなら考察できると思います。

ライス

分析初めてでもできた-!

Googleアナリティクス初心者の人は、まずはこの3つの数字から考えてみてはいかがでしょうか?

自分のブログを成長させるためはじめの第一歩として、ぜひ参考にしてくださいね。

 

最後に、考察に参加してくれたみなさん、ご協力ありがとうございました!(^^)/

コーギーさん

サンダーさん

がべさん

かるぼんさん

メガぽよさん

とうもろこしさん

wave_wriderさん

ノンストップ飯田さん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です