Webマーケターに転職して1ヶ月目を振り返る

3 min 759 views
Webマーケターに転職して1ヶ月目を振り返る
ライス

ライス

こんにちは。ライス(@rice_papat)です!

教員からWebマーケターに転職し1ヶ月経ちました。

「転職したよ!」って色んな人に報告をする中で「Webマーケターって、じっさいにどんな仕事やるの?」とよく聞かれました。

というわけで、この1ヶ月でやってきた仕事と反省点を、日報を読み返しながらサクッと振り返ってみます。

新人Webマーケターの業務内容

新人Webマーケターの業務内容

僕が就職したのはアウトソーシング会社です。

そこで僕がWebマーケターとして行っている業務は大きく3つ。

  • Googleアナリティクス(GA)レポート
  • Webディレクター
  • オウンドメディア(ブログ)作成

他にも細かいことはたくさんありましたが、主にこれに付随する仕事でした。

Googleアナリティクス(GA)レポート

自社サイトの流入数やサービスの成約率などをGoogleアナリティクスという分析ツールを使って分析するお仕事です。

ライス

ライス

このGAレポートにめちゃんこ苦戦しております…。

Googleアナリティクスはブログを始めた3年前から導入しているのですが、「今日はこのくらいブログ見に来てくれたんだー。へぇー。」とか「今日は流入数多いぞ!やったー!」くらいの感じで、数字を見るだけで終わっていたんですよね…。

大事なのはGAの数字を見て、分析して、それをもとに次の試作を考えるという、いわゆるPDCAサイクルを回すこと。それはわかっていたんだけどね。

実は一切やってなかったんだ…!めんどくさくて!(おい)

ということで、実質GA未経験の僕が1ヶ月必死にインプットして気づいたことは以下の通り。

  • 何が目的でレポートをするのかが最重要
  • その目的によって見る数字が違う
  • 日レポート・週レポート・月レポートで見る数字が違う

つまり、「これだけレポートに入れておけばOKでしょ!」みたいなテンプレが存在せず、何が必要なのかを自分で考えなければならないんですよね。

自社サイトで「どうしたいのか」という目的を明確にして、その目的を達成するためにどんな数字を見て行けば良いのかを自分なりに考えることがいっちばん大事。

大事なことなのでもう一度いいます。レポートの目的と必要な数字は、自分で考えろ。

ちなみに、この1ヶ月はこれらの本で勉強してきました。

サイト分析はWebマーケターとして根幹となる業務。これは歯を磨くようにできるようになりたい。いや、なってみせる。

Webディレクター

Webディレクターとは、Web業界においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指します。

クライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げることが、Webディレクターに求められる役割です。

具体的に僕がやっているのは、ライターさんが書き上げたブログ記事を添削&フィードバック。そして修正した記事をクライアントに納品するというお仕事。

ライス

ライス

ブロガーということもあって、今までやってきたことを活かせる仕事を任せてもらえて、ホントに有りがてぇ…!

3年間ブログ副業で培った知見を、自分のためだけではなく誰かのために使うことができる。しかも本業として。

月何十万円とか稼いでるわけでもないし、プロブロガーでもない。100点の記事なんて決して書けない。そんな僕が人様の記事にあれこれ言うのはおこがましすぎますが、3年間の知見をすべてライターさんにお伝えできればコツコツブログをやっていたかいがあるというもの。嬉しい。

ちなみ、記事を添削していてよくあるミスはだいたい下記のような感じです。

  • 同じ文末表現の連続
  • 主語と述語のねじれ
  • 改行がない文章
  • 話し言葉

今度記事でまとめたいと思います。

ちなみに、AUNという添削ツールを使っています。スクショにコメントを残してURLで共有できるので、めっちゃ便利です。

使っていたらクライアントさんも「便利ですね!」と言って使い始めるほど。

記事添削とかをやるWebディレクターの方はぜひ使ってみてほしいです。信じられないけど無料です。

オウンドメディア(ブログ)作成

自社サイトにブログ記事を入れるお仕事。

これまた、自分が副業としてやっていたことが本業にダイレクトに活きる。

これをやりたかったんだよ。本業と副業の相乗効果!

教員のときは、副業ブログで身につけたことがまったく本業に活きなかったんですよね。

せっかくリソースを割いてやっているブログ。勉強したことを無駄にせず本業にも活かせればいいのにな…っていつもヤキモキしてたんです。

ちなみに、「本業と副業の相乗効果」は、Webマーケターに転職した大きな理由の一つなんですよね。

そのへんは「【実録】住宅ローンを抱え子どもが3人いる33歳高校教師が未経験でフルリモートワークWebマーケターになれるのか?」で詳しく書いてます。

短い時間で高い質の仕事をせよ

短い時間で高い質の仕事をせよ

ここからはマインド面で思ったこと。

結論としては、「短い時間で高い質の仕事をせよ」です。もうこればかり考えています。

僕が時間をかけすぎると企業としては赤字になっちゃうんですよね。

今の職場は労働時間が超ホワイト。1日8時間という労働時間の中で、いかに効率よくノンコア業務をさばき、いかにコア業務にリソースを使えるか。これを追求しております。

今は「副業を並行してやる」というよりは、「本業をガチる」という感じで生活しています。

本業でしっかり成果を出すために鬼勉強したことは、独立したときに直接役に立つので。

まとめ:新しいことだらけで大変だけど楽しい!

1ヶ月駆け抜けたよ…。

今、めちゃんこ大変だけど、めちゃんこ楽しい。転職してよかった!以上!!

というわけで、今回はここまで!ありがとうございました!ライス(@rice_papat)でした。

ライス

ライス

元教員のWebマーケター。
教員のブログ副業や転職について書いています。
Twitterでは自由に発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事