数学が苦手な人が買うべきなのは薄い問題集【やさしい数学Ⅰノート】

こんにちは。ライスです。

ライス

数学得意?

ねこ美

大の苦手です!

数学が苦手な人多いですよね…。

一度つまずくとどんどん置いて行かれてしまう。

 

今さら先生に聞けない。

 

というかどこがわからないのかもサッパリわからない。

 

定期テストや受験で数学は避けられないのに、このままだと0点もあり得る…。

今日は数学の苦手な人にオススメの問題集を紹介します。

その名も、「やさしい数学Ⅰノート」!

この問題集を使えば、数学克服の第1歩が踏み出せるはずです。

こんな人にオススメ
  • 授業について行けないほど数学が苦手な人
  • 教科書の予習・復習をしたい人
  • とにかく公式の使い方を覚えて、問題を解けるようになりたい人
  • 初めから始める数学シリーズの問題補充
この問題集の評価
難易度
(1.0)
問題量
(1.0)
値段
(1.0)

数学が苦手な人にオススメ。

私も文系コースの生徒にはこの問題集を使っていますが、正直この問題集でも苦戦する人は結構います…

けど、この問題集は数ある問題集の中でも一番簡単なものになるので、正直これ以上レベルを下げられません。

ライス

数学苦手な人の最終兵器!

「数学を何とかしたい!」と思っている人は、まずはこの問題集で解けるようになることを第一目標にしましょう。

直接書き込むやさしい数学Ⅰノートの特徴

教科書の例題、練習問題レベルの問題しか載っていない。

簡単・薄い・安いの3拍子が揃っているため、苦手な人も学習しやすい。

公式を当てはめるだけの様な問題ばかり。

問題を解くことが楽しい!に持っていくための教材。

直接書き込むやさしい数学Ⅰノートの使い方

※直接書き込むやさしい数学Ⅰノートより引用

例題の横に数字を変えただけの問があるので、真似して解く。

さらに練習問題を繰り返し解くことで、できるようにする。

わからないところは、教科書を読むか、次に紹介する「初めから始める数学Ⅰ」を読めばOKです。

やさしい数学Ⅰノートのデータ

単元数47単元
1日の目安量3単元
1週間の目安量15単元くらい
1冊終わるまで32日

やさしい数学Ⅰノートの進め方例

やさしい数学Ⅰノートだけで勉強する場合は以下を参考にしてください。

1日目1~5
2日目6~8
3日目1~8
4日目9~11
5日目12~15
6日目9~15
7日目1~15
8日目16~18
9日目19~21
10日目16~21
11日目1~21
12日目22~24
13日目25~27
14日目22~27
15日目28~30
16日目31~32
17日目28~32
18日目22~32
19日目16~32
20日目33~34
21日目35~37
22日目33~37
23日目38~40
24日目41~42
25日目38~42
26日目33~42
27日目22~42
28日目1~21
29日目43~47
30日目33~47
31日目1~32
32日目1~47

※初めから始める数学Ⅰなどの他の教材と一緒に使う場合は、その参考書の補充として使ってください。上記のペースにこだわる必要はありません。

「直接書き込むやさしい数学Ⅰノート」は「初めから始める数学Ⅰ」との相性がいい

「初めから始める」シリーズは解説がものすごい量だけど問題量が少ない。そこを補うのが「やさしい数学ノート」シリーズです。

逆に「やさしい数学ノート」シリーズは公式に当てはめて解くのが中心で、説明部分は物足りないので、「初めから始める」シリーズで詳しく理屈の部分を学ぶことができます。

この2冊の組み合わせは最強で、お互いの弱点を補い、非常にシナジーがあります!

初めから始める数学Ⅰは「【初めから始める数学Ⅰ】数学独学のおすすめ参考書は「はじはじ」」で詳しく説明しています。

【初めから始める数学Ⅰ】数学独学のおすすめ参考書は「はじはじ」

まとめ

数学が苦手だけど、何とかしたい!と思っている方は、まずはこの問題集を1冊終わらせることを目指しましょう。

簡単・薄い・安いの3拍子がそろっているので、取り掛かるまでのハードルはメチャメチャ低いです。

ライス

考える前にまず行動!

ねこ美

さっそく始めてみるわね!

【初めから始める数学Ⅰ】数学独学のおすすめ参考書は「はじはじ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です