オーディブル(audible)を使った感想→移動時間が勉強時間になって神。

5 min 470 views
困った人

オーディブルの感想を聞きたい。
車の運転中に聴けたら便利そうだけど実際の所どうなのかな?

こんな悩みを解決します。

オーディブルとは、本を音声で聴くAmazonのサービス。

両目両手を使わないため、運転中、家事中、筋トレやランニング中の時間を読書時間に変換できるのが大きな特徴です。

今回はオーディブルを実際に使った感想を紹介します。

結論から言うと、移動時間がすべてインプット時間になったので、効率厨の僕にはぴったりでした!

それでは実際に僕が感じたメリットやデメリットを踏まえて解説していきます。

この記事で分かること
  • オーディブルで無駄な時間をインプット時間に
  • オーディブルのデメリットとメリット
  • オーディブルでおすすめの本
ライス

あまり読書の習慣がなかった僕がオーディブルを使ってみた感想をお伝えします!

オーディブル(audible)を使った感想→移動時間が勉強時間になって神。

オーディブルは

  • 忙しくて本を読む時間が作れない人
  • 移動時間などの無駄な時間を減らしたい人

こんな人におすすめです。

その理由をオーディブルのデメリットとメリットに触れつつ解説していきます。

デメリット①:全ての本が聴けるわけではない

オーディブルで購入できる本は意外と少ないです。

気になった本を検索しても出てこないんですよね…。

商品がない場合はおとなしく本を購入しましょう。

ライス

今後のアップデートで本が増えることを期待しています!

デメリット②:ブックマーク機能はイマイチ

オーディブルにはブックマーク機能がありますが、正直使い勝手はよくありません。

「ここ!いいこと言ってる!」とか「ここはもう一度聴きたい!」といった場面でブックマークをしますよね。

後から聴き直すときはブックマークした少し前に巻き戻ししてから聴かなければならないので、正直かなり手間です。

ライス

まぁこの辺りはどうしても紙の本や電子書籍には敵わないでしょう。
そう言うものだと思います。

アップデートでブックマークした文の始めから再生できるようになれば使い勝手が向上すると思うんですが音声読書サービスにそこまでは求めません。

メリット①:ムダな時間を自分を成長させる時間にできる

オーディブルの最大の特徴は、両目両手を使えない時間を自己投資の時間にできるということです。

具体的な活用シーンは以下の通り。

  • 通勤中
  • 運転中
  • 家事中
  • 筋トレ中ランニング中

普段本を読めないほど忙しい人にとっては、時間を効率よく使えるのでおすすめです!!

運転中

毎日車で出勤する人におすすめです。

なぜなら、無駄な移動時間を音声読書で自己投資する時間にできるからです。

運転中、両手はハンドルを握っていますし、スマホの操作と凝視は厳禁。

オーディブルであれば音声のみなので問題なく運転しつつ勉強できます。

ライス

車内で音楽を聞きながら運転するのと何ら変わりありません!

ちなみに僕の場合、車で出勤するので、オーディブルかけっぱなしです。

移動時間がそのままインプット時間になるのはめちゃくちゃいい…!

普段読書をあまりしていなかった僕も、読書習慣が身についたおかげで少し成長できました。

満員電車

満員電車の中で本を読むのは難しいですが、オーディブルなら問題ありません。

両耳はもちろん空いていますから、座席に座れなくても耳だけで本を楽しむことができます。

家事中

オーディブルは家事中に聞くことがおすすめです。

家事はなにかと時間がかかります。そのうえ、両手がふさがっていることも多いですよね。

そんな時間を音声読書で有効的に使いましょう。

具体的には洗濯を干しているときや食器を洗っているときなど。

ちなみAmazonEchoやGoogleHomeなどのスマートスピーカーにも対応しているので、わざわざスマホを取り出さずに使えるのも便利ですね。

ライス

「アレクサ、〇〇を読んで」と言えばすぐ読み上げてくれますよ!

筋トレ、ランニング中

オーディブルを使うことで、トレーニング中も最適なインプット時間にできます。

ランニング中などは頭を使っていないので、音声に集中することができます。

『キツい筋トレやランニング中はオーディブルを聴く』というようにトレーニングと音声読書とセットにして習慣にしてしまうことで、楽しく続けられるかもしれませんよね。

寝る前

スリープタイマー機能がついてますので、寝落ちしても大丈夫。

寝る前の暗い寝室でもインプットできるのは便利ですね。

ライス

子どもを寝かしつけるために童話を読んでもらうのもおすすめです!

メリット②:買った後でも返品交換できる

オーディブルでは買った本を返品交換ができます。

オーディブルでは毎月1コインしか付与されません。そのため、購入で失敗したくないですよね。

万が一「この本イマイチだな…」とか「上巻下巻間違って買ってしまった!」といった失敗をした場合でも、簡単に無制限で返品ができます。(会員限定ですが)

返品交換はアプリからではなく、ブラウザからの手続きになるので注意してくださいね。

返品の仕方を画像5枚で解説

STEP1:アカウント名をクリック
STEP2:「アカウントサービス」をクリック
STEP3:「購入履歴(返品)」をクリック
STEP4:「返品する」をクリック
STEP5:理由をチェックして「返品する」をクリック

オーディブルのコイン制度でお得に本を購入できる

オーディブルは独自のコイン制度を導入しています。料金形態をまとめると以下の通り。

  • 月額1,500円で1ヶ月に1コイン付与される
  • 1コインで1冊買える
  • コインがなくても30%OFFで追加購入できる(クレジットカード可)
  • 聴き始めて気に入らなかった場合、他の本と交換できる
  • 使わなかったコインは、翌月に持ち越しできる(有効期限は6ヶ月)

1コインでどんなに高い本でも買えるのがポイントです。

高い本をコインで購入し、安い本は30%OFFで追加購入するのが一番お得。

読書は自分の未来のために使う投資。オーディブルも投資だと思うので、ケチらない方がいいと思います。

1冊は無料で利用できるので、とりあえず登録してみてビミョーだなと思ったら退会すればOKです!

無料で手に入れた1冊も聴けるので退会しても失敗にはなりませんよ。

オーディブルの始め方

ここからはオーディブルの始め方を紹介します。

次の3つのステップの通りに進めて行けばOKです。

オーディブル導入手順
  1. 30日間無料体験に申し込む
  2. スマホ・タブレットにアプリをダウンロード
  3. 聴きたい本をウィッシュリストに追加
  1. STEP

    30日間無料体験に申し込む

    ここから30日間無料体験に申し込みましょう。Amazonのアカウントを使用するのでログインします

  2. STEP

    スマホ・タブレットにアプリをダウンロード

    次にスマホやタブレットにオーディオブルのアプリをダウンロードしましょう。

  3. STEP

    聴きたい本をウィッシュリストに追加

    アプリで聴きたい本を探し、「ウィッシュリストに追加」ボタンを押しましょう。

    アプリ上では本を購入できません!
    なぜこのような使用なのかわかりません。かなりわかりにくいです。
    ブラウザ上で改めてウェブブラウザからオーディブルにアクセスしてダウンロードする必要があります。

    「Audibleコインで購入」というボタンを押せば購入完了です。購入すればアプリに反映され、すぐに読むことができるようになります。

実際に僕がオーディブルで聴いたおすすめの本

それでは実際に僕がオーディブルで聴いた本を紹介します。

どれもおすすめなので、1冊目に悩んだら選んでみてくださいね。

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaigoさんの著書。

ブログで稼ぎたい人が一度読んでおくべき本です。

人を行動させるための文章術(セールスライティング)を学ぶことができます。

営業の魔法

「営業マンのバイブル」とも呼ばれる本。

冴えない営業マンがスーパー営業マンにと出会い、ノウハウを教えてもらい成長していく話。

ストーリーもおもしろく、中身も充実していてたくさん学べます。

多動力

ホリエモンこと堀江貴文さんの代表作。

ホリエモンファンはまず読んでみるべき入門書。

彼の考え方がこの1冊でよくわかります。

まとめ:オーディブルは無料で試してみて、ビミョーなら退会すればOK

オーディブルは「椅子にに座りガッツリ勉強する」という使い方には向いていません。そういう状況であれば普通に本を読めばいいわけですからね。

しかし、両目両手が使えなかったり、頭を使っていない時間をインプットの時間にできるのはとても便利だと思います。

僕の場合、出勤時間に車内で流して聴いています。

片道30分で平日5日分で毎週1冊くらいのペースで読破できます。車移動中は音声読書をする習慣ができたことで継続的にインプットできて、ものすごいありがたい。

時間がないなかでも少しでも成長したい人はまずは使ってみるといいと思います。

繰り返しますが、30日間は無料で1冊聴けるので、損はないですよ。

ライス

ライス

家族大好き。教員10年目。子どもらを寝かしつけてから妻と2人でブログを書いてます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事