授業はマジメに受けているのに成績が伸びなくて悩んでいる高校生がまずやるべき超効率勉強法

4 min 155 views

こんにちは。ライスです。

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_8438.jpg” name=”ねこ美” from=”right”]先生!授業をマジメに受けているのにテストで点数が取れません![/say]

普段の授業はよく発言もするし、解けない問題は聞きに来る。
すごく意欲的な生徒ですが、テストでは点数を取れない…

そんな生徒はいませんか?

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/09/ac8383034ebd0417e82386a3fa4bf5ad.png” name=”ライス”]それは勉強の仕方を間違ってるからだよ。[/say]

教科の指導をするのも大事ですが、勉強の仕方を教えてあげませんか?

自分でどんどん勉強するようになりますよ!

授業だけだと全然足りない

授業をしていて思うのは、とにかく授業時間が足りない!
毎日授業の進度を遅らせないよう必死です…。
国が重視しているアクティブラーニングを取り入れると
進度はさらにスローペースに…。

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/09/ac8383034ebd0417e82386a3fa4bf5ad.png” name=”ライス”]受験に間に合わないー![/say]

問題演習とか確認小テストとかもっとさせてあげたいんですが、
時間的に厳しいんです。

その結果、ただ「教科書を進める」だけの、
悪しき授業スタイルが完成してしまいます…。
(先生達はできるだけこうならないように
毎日授業の準備を一生懸命頑張っています…)

だから授業だけでなんとかするのは無理なんです。
だから先生たちは予習して。復習して。宿題やって来て。って言うんです。

授業だけだと全然足りないんです。

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_8438.jpg” name=”ねこ美” from=”right”]宿題ちゃんとやってくるね…[/say]

そもそも授業だけでなんとかするのは無理

結論を言えば、50分の授業でその内容をしっかり理解して、
いつでも100点取れるようにすることは、まず無理。

授業以外で自分で努力することが絶対に必要です。

スポーツも同じですよね。スポーツの教則本を読んだり、
コーチに教えてもらったものを、その日のうちに完璧にできるようになりますか?

優秀なプレイヤーは、自主練をしっかり行なっています。

授業だけで足りない勉強は家庭学習で補充が必須です。

スタディサプリを使えば、たった月額980円で一流予備校講師の講義動画が見放題です。

さらに、学習履歴のデータを活用して苦手ポイントの特定や得意教科の先取りもでき、自分専用の学習プランを作り効率的に家庭学習ができます。

下手に塾行くより安い月額量で、超絶お得です。

あのスポコン東大受験マンガ「ドラゴン桜2」では、東大に行くためのツールとして、スタディサプリを導入しています。

今なら14日間無料体験できます。↓



 

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_8438.jpg” name=”ねこ美” from=”right”]ITの活用が新しい時代の勉強法なのね![/say]

エビングハウスの忘却曲線

19世紀のドイツの実験心理学者エビングハウスさんは、
「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節(rit, pek, tas, …etc)を
暗記して、それを書きだすというテストをしました。

そして、次のような実験結果が得られました。

エビングハウス実験結果

  • 20分後…節約率58%
  • 1時間後…節約率44%
  • 9時間後…節約率35
  • 1日後…節約率34%
  • 1ヶ月後…節約率 21%

節約率というのは、一度記憶したものを完全に記憶し直すまでに
必要な労力がどのくらい節約できるかを表す数値です。

例えば、無意味な言葉の語群全てを暗記するのにかかった時間を
100分とすると、1日後に復習すると、労力が34%節約されて、
66分の復習で全て記憶し直すことができるみたいな事です。

つまり、1回目の勉強よりも時間をかけずに勉強できるということになります。
その日に授業で習ったことはその日のうちに復習をすると、少ない労力で
覚え直すことができるので、非常に効率的です。

復習が苦手…というかやりたくない子って、学校の授業でかかった時間が
家庭学習でも同じくらいかかってしまうと思い込んでいる。
部活で忙しい高校生は、ヘトヘトで家に帰り、学校にいた時間と同じ時間
勉強しなきゃいけないって考えると、気持ちが折れるんです…。

けど、実際は少ない労力で復習できるので、その日の復習を
必ずその日のうちに復習をして欲しいです。

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_8438.jpg” name=”ねこ美” from=”right”]どうせテスト前に勉強するなら今やった方がお得だわ[/say]

勉強は進むだけじゃダメ

平日はその日の復習、土日は平日5日分の復習をします。
土日の2日間で5日分も復習するなんて時間ないよ!と思うかもしれません。

しかし、先ほどの節約率の話を思い出してください。
土日の復習は平日の復習よりも時間をかけずに復習できます

ただし、平日に復習していない場合は土日は時間がかかってしまうので、
やはり平日の復習が大事と言えます。

効率よく復習するための準備をしながら勉強する

例えば、1+1=2だとか、自分の名前の漢字の書き方
だとかをいちいち復習しますか?しないですよね。

教科書の内容や、問題を初めて見た時に、最初から
理解できるものは当然復習しなくてもいいです。

初見で理解ができなかったものだけを復習できれば十分。
ですから、最初から復習するための準備をしながら勉強
することで、効率がグンとよくなります。

超効率勉強法

1.初見で「これは後で復習した方がいいな…」と思ったら、その内容の横に✓を入れる
2.✓がついている部分のみ復習する
3.復習した時に理解しづらいものがあればもう一つ✓を入れる
4.2~3を繰り返し、たくさん✓がついた内容を、1冊のノートのまとめる

テストの始まる直前はこのノートを見れば、自分が最も苦手な
内容の復習が、効率的にできますよ!

まとめ

授業は真面目に受けているのに成績が伸びないのは、
詰め込んだ情報が脳からダダ漏れになっているから。

成績は先生に伸ばしてもらうものではなく、自分で伸ばしていくものです。
授業以外での努力をしよう!

ポイント
1.2回目以降の勉強はあまり時間がかからないから、必ずやる。
2.その日の復習はその日のうちに。
3.土日は平日5日分の総復習をする。
4.自分が苦手なところに✓を入れながら勉強を進める。

少しの工夫で大きな成果を上げることができるこの勉強法。
ちょっとやり方を変えるだけですぐに効果が出る人も少なくありません。

今日が平日なら今すぐ教科書を開き、今日の授業で先生が言ったこと、
自分で解いた問題を思い出してください。
今日が休みの日なら平日にやった勉強内容を確認してください。

今すぐ行動することで、明日からの授業が楽しい授業になるはずですよ!

[say img=”https://papateacher.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_8438.jpg” name=”ねこ美” from=”right”]わたし、自分で勉強する力をつけるわ![/say]

[box class=”box29″ title=”あわせて読みたい”]【暗記のコツ】誰でも1日100個英単語を覚えられるようになる暗記法[/box]

ライス

ライス

家族大好き。教員10年目。子どもらを寝かしつけてから妻と2人でブログを書いてます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です